携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 8月3日の演奏へ向けての本人からの言葉

・・・大袈裟ではなく
楽譜のスケッチを渡され、この作品に入ってからは
正直 作品を あるべき最低限の形にさえ仕上げることが出来ず、基本的なソルフェージュ能力の無さと それから・・・自分の運命を 嘆いている毎日。

オーケストラの発想から得られている 豪華絢爛なピアニズムを描く譜面は
3段、4段 構成で書かれ、、
最低音から 最高音までの広い音域の中での、変拍子の交錯、
3本をフルに用いる超難解のペダリング、
内部奏法を除いての 楽器の持つ可能性を 過去に無い形で駆使した
四方八方から 発せられる作曲者の要求、
恐ろしい情報量の 未完の手書き譜を 日々 目前にしつつ
一向に 自分の身体へ 定着してこない いらだちと 憂鬱に 潰されている私。

やっても やっても 報われない。

一体 何万個の音符や 表示記号が書いてあるのか・・・

「自分の表現」に達する迄の過程が これ程長いのは 初めて。

早く 作品を自分のものにして 音で 空間で 遊べるようになりたい。

後 半年くらいかかるでしょう・・。

誰に何を言われても、 
人生の中で 幾度か、
成し遂げなければならない、という 大きな責任を 与えられる事があるとしたら、

私にとって 今がその時なのかも知れません・・。

幸か 不幸か、分からず、時々、一人 涙する事も多いけれど

嘆かず 負けないで、元気に頑張らないといけません((+_+))。

一つの達成感に出会うまで 逃げるわけにはいかない。

自分の眼で 作品の本当の姿が、見えた時に 
また新たな世界を見つけられるよう、一回り 大きな人間に成長出来るよう・・

そして 何かの・・証が残せることを信じて。

やっぱり 頑張らなくちゃ!!               
2007.7.29. 泊 真美子

by mamikotone | 2008-05-10 20:12 | schedule

<< 2007年8月3日(金) 作曲...     Top     アモイのフェスティバル >>
Pianist Mamiko Tomari 
泊 真美子
official website